注文住宅を愛知で建てる!後悔しない業者選びガイド

愛知の注文住宅会社おすすめTOP3

一戸建ての購入は、注文住宅と建売どっちがいい?

一戸建ての購入を検討されている方で、注文住宅にするか、建売住宅を購入するか迷っている方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、注文住宅と建売のメリット・デメリットをご紹介します。一戸建てを購入する際の参考にしていただければ幸いです。

注文住宅を購入するメリット・デメリット

家の設計

完全にオーダーメイドで0から作っていく注文住宅について、そのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

  • 完全にオーダーメイドで自由に決定できる
  • 建てる過程を見ることができる
  • デザインにこだわれる

注文住宅のメリットは、完全オーダーメイドで理想の住まいを実現できる点にあると思います。 建売だとある程度決まっている、ベーシックなパターンのなかから選ぶのみで、個性的なデザインや、新しいデザイン、斬新な見た目のものは選ぶことができない場合が多いです。

また、設備も大体、基本パックで決まっている建売住宅に比べて、必要に応じて追加したり、逆に必要ないものはカットすることも、注文住宅なら自由です。 予算に合わせて、いかようにもできるのが、注文住宅の最大のメリットではないでしょうか。

基礎工事や柱を立てているところなど、完成までの過程を全てみることができるのも、注文住宅のメリットです。 丁寧に仕事をしてくれているか見に行って、現場の大工さんと言葉を交わすことで、住居への安心感が高まるでしょう。

デメリット

  • 完成に時間がかかる
  • 最終的な金額がわかりにくい
  • 完成のイメージがつきにくい

注文住宅のデメリットは、土地を購入して建物が完成までに時間がかかってしまうことです。 どこまでこだわるかにもよりますが、業者は建売住宅よりも、打ち合わせの回数を多くして、ひとつひとつしっかり決めていく時間を見積もっています。選択肢が多い分、迷うことも多く、完成までに時間がかかってしまうのです。

また、設計途中で間取りや設備についていろいろと追加しすぎてしまうと、どんどん予算が膨らんでいってしまうこともあります。 最終的な金額がいくらになるのかは、いつも意識しておかないと、うっかり予算オーバーしてしまうので、そのあたりのコントロールもうまくしてくれる業者に相談するといいですよ。

最後のデメリットは、完成のイメージがつきにくいことです。 建売の場合であれば、すでに完成した物件を購入できるので、実際に中に入って、広さなどの感覚を確かめられますが、注文住宅だとそれはむずかしいです。丁寧にシュミレーションして、イメージを固めていくひつようがあります。

建売住宅を購入するメリット・デメリット

建売住宅

すでに完成している新築物件や、建設条件付きの土地を購入する建売住宅について、そのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

  • 購入価格がわかりやすい
  • 決めることが少ないため選択が簡単
  • すぐに住みはじめられる

あらかじめ、基本の間取りや材料の質、基礎工事の方法などが決まっている建売物件の場合、仕様変更ができない分、最終的な購入価格はわかりやすいです。追加料金が発生するようなオプションの種類自体が少ないですから、あまり迷う余地がないためです。

逆をいうと、はじめに提示された金額より安くなることも基本的にはありません。注文住宅なら、はじめに決めた予算より安くしたいと思ったら、いろいろ削っていって安くできますが、建売の場合は基本的な仕様は決まっているので、削って安くすることは難しいです。ただ、シンプルで失敗の少ないベーシックな間取りやデザインになっているため、そういったことに疎い人なら安心できますよね。

購入者が決める事柄が少ないため、打ち合わせの回数も少なく、完成物件の場合は契約してすぐに住み始められますし、建設条件付きの土地の場合でも、すぐに工事にとりかかることができるため、完成までは早いでしょう。基本パックに納得して同意が取れれば、あとは住むだけという形なので、その間のマンションなどの居住費もかかりません。

デメリット

  • 間取りなどを自由に選べない
  • 建設過程が見えない
  • ライフプランを見据えた改装がしずらい

間取りなどを自由に選べないとか、建設過程が見えないというのは、前述しましたが、きっとここまで読み進められた方は、その条件があっても建売がいいかなとおもっていらっしゃるのではないかと思います。

見落としやすいデメリットが、3つ目のライフプランを見据えた改装が難しいという点なので、ご注意ください。ライフプランと見据えた改装とは、お子様の成長やご自身の生活スタイルに合わせた、間取りの変更などの家の改装を、将来に想定しているかどうかということです。

お子様が1人から2人に増えたときに、部屋の間仕切りを増やして、部屋をつくるとかということです。建売住宅の場合は、特定の個人に向けて間取りを決めているわけではないため、そのような改装を見越しての設計にはなっていません。

建てたらそれきり、間取り変更などの改装は行わない想定で住んでいかなければなりませんので、その点はしっかり考えてから購入を検討されるといいと思います。

建売住宅VS注文住宅!徹底比較

ここでは、前述した建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットを、項目別に比較し、「◎」「〇」「△」の3段階で評価し、分かりやすく表にまとめています。

建売住宅 注文住宅
総費用が抑えられる 〇一度に多くの住宅を分譲するケースでは、部材を規格化することなどでコストを抑えることができますが、1棟ずつ建てるのであれば注文住宅とそれほど変わりません。 〇施工業者に予算を前もって伝えておけばその範囲内で調整してもらうことができるため、場合によっては建売住宅よりも低価格で家が建つこともあります。
価格が分かりやすい ◎建売住宅は総費用が分かった状態で購入を検討できます。 △実際に設計してみないとどれくらいのお金がかかるのか細かい部分までは分かりません。建物本体の工事費のほかに、外構やカーポートなどの付帯工事費や、設計料などが必要になるケースもあります。
希望通りの間取りになる △建物が未完成の場合でもすでに間取りが決まっているため、自分の好みの物件を見つけない限り、希望の間取りに住むことは難しいと言えます。 ◎土地を買ってゼロから建てるので、間取りはほぼ自由につくることができます。
デザインにこだわれる 〇建物が未完成の場合には、壁紙や塗装の色など、建物の構造部分に影響が出ない範囲で変更することができます。 ◎好みのテイストを追求したデザインが自由に実現できます。
好みの設備・建材を取り入れる △設備や建材はほとんど決まっているため、変更することは難しいと言えます。 〇原則として自由に選べますが、施工業者によっては扱う設備や建材が限られ、変更にコストがかかる場合もあります。
将来のリフォームに備えやすい △将来のリフォームまで考えて住まいを探すのは難しいと言えます。 ◎設計段階から将来のライフスタイルを考えてリフォームしやすい間取りにすることができます。
仕上がりをイメージしやすい ◎すでに建物ができている建売住宅の場合、間取りの使い勝手や家具の配置などが確認しやすく、日当たりや眺望も見て確かめることができます。 〇依頼先により近いイメージのモデルハウスでシミュレーションすることができます。
建築過程を確認しやすい △建物が完成済みの場合には、構造躯体など目に見えない部分はチェックすることができません。 ◎基礎工事の段階から順を追って工事の内容を確認できます。
性能を確認しやすい △家の性能が項目別に等級などで示される「住宅性能表示制度」は、売主が判断するため、必ずしも受けられるとは限りません。 ◎「住宅性能表示制度」を希望すれば利用することができます。
契約後、早く住める ◎売買契約をして住宅ローンの審査が通ればすぐに、融資の実行と建物の引き渡しを受けて、入居することができます。 △契約後、建物のプランニング期間と建物の工事期間がかかります。