注文住宅を愛知で建てる!後悔しない業者選びガイド

愛知の注文住宅会社おすすめTOP3

愛知県の土地の相場と人気エリアランキング

注文住宅を建てる前に必要なのが、重要な土地探しです。まだどこに建てようか迷っている愛知県の方へ人気エリアや、その周辺土地相場について、必要な情報をまとめました。注文住宅購入の参考にしていただければと思います。

愛知県内で人気のエリアとそのワケとは?

愛知県内で人気のエリア、上位8エリアをご紹介します。人気ランキングの順位は、住宅情報サイトSUUMOで紹介されているもので、内容は本サイトが独自に調べた結果をまとめています。ぜひ、土地探しの参考にしてください。

愛知県

1位 名古屋市千種区

  • 地価平均 :30万6328円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:101万2654円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:覚王山、星ヶ丘、今池、本山、名古屋大学

愛知県で最も人気があったのは、名古屋市千種区です。名古屋駅から10キロと、中心街にほど近く、買い物や交通の便利さはピカイチです。 また、近くに名古屋大学があることから、塾などの教育施設も充実しており、小中学校の教育レベルも高い印象で、子育て世代からの満足度が高いエリアです。 ただし、地価や坪単価は名古屋市でトップ5に入る高さです。所得の高い世帯が多く住んでいます。

2位 名古屋市緑区

  • 地価平均 :14万5330円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:48万0431円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:有松、鳴海、神沢、大高、徳重

名古屋市緑区は、遊具がたくさんある公園が多く、保育園や幼稚園のバスも沢山走っていて、子供を育てるのには大変便利な場所です。 買い物も便利なヒルズウォークやイオン大高が近くにあり、この区からわざわざ出なくても十分生活が完結します。 地価や坪単価から見ても、名古屋市内で考えると非常にバランスの取れた、住みやすい地域といえるでしょう。

3位 岡崎市

  • 地価平均 :10万3997円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:34万3793円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:岡崎、西岡崎、東岡崎、六名、本宿

岡崎市は、名古屋駅まで車で1時間以内で、中心部まで気軽に行くことができるだけでなく、緑や自然が多く静かな環境になっています。 治安も良いため、ここに引っ越してくる世帯が増加しており、県内でも人口増加が大きい地域です。 子供の数も非常に多いため、学校などの教育施設も充実しています。スーパーやドラッグストア、飲食のチェーン店も軒を連ねており、普段の生活は便利です。

4位 名古屋市昭和区

  • 地価平均 :28万1333円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:93万0027円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:八事、荒畑、御器所

昭和区は、名古屋市を通る環状線のちょうど真ん中あたりに位置するため、桜通線1本で市内を移動できるのが便利です。桜通線は、朝のラッシュ時でも比較的すいているため、通勤などの交通面では申し分なしの地域です。中心街から近い分、バイクや車の音が気になるエリアもあるようですが、公園や東山動植物園などの施設も近く、子供を遊ばせるのにも困りません。 地価は名古屋市千種区の次に高い地域です。

5位 名古屋市瑞穂区

  • 地価平均 :23万8333円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:78万7878円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:堀田、新瑞橋、桜山、瑞穂区役所、総合リハビリセンター

瑞穂区は、住宅街で人通りも多すぎない地域です。栄や名古屋駅などの繁華街までは地下鉄で20分程度で行け、バスなどの交通網も発達しているため、車がなくても移動が便利です。大きな陸上競技場、野球場があるのが特徴的ですが、図書館、大きい病院などの施設も充実しています。地価の高さは、名古屋市内で昭和区に次ぐ第6位です。最近少し、空き家が増えてきたのが気になるくらいでしょうか。

6位 名古屋市天白区

  • 地価平均 :16万9200円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:55万9338円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:平針、植田、原、野並、塩釜口

天白区は、若者が多く飲み屋もそこそこあるので楽しめる住宅街といった感じです。町がきれいで、おしゃれなカフェなどもあります。地下鉄は鶴舞線が通っていて、中心街までは乗り換えアリの30分圏内のため、アクセスは比較的便利です。転勤で他の地域から引っ越してくる世帯も多く、閉鎖的な雰囲気がないため外から来る人には住みやすいです。地価も名古屋市内では安いほうになるでしょう。

7位 名古屋市名東区

  • 地価平均 :19万6279円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:64万8856円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:藤が丘、上社、一社、本郷

名東区は、坂が多く自転車での移動が難しいという側面はあるものの、学校の教育レベルが高いなど、教育面では特に満足度の高い地域です。プラネタリウムで有名な名古屋市科学館があったり、駅前にはおしゃれなカフェやちょっとした繁華街があるなど、遊びも充実しています。また、この地域で利用可能な藤が丘駅は、地下鉄東山線の始発駅なので、朝の通勤で座れて快適です。

8位 一宮市

  • 地価平均 :8万7139円/m2(2017年)
  • 坪単価平均:28万8065円/坪(2017年)
  • 利用可能駅:名鉄一宮、妙興寺、西一宮、今伊勢、名鉄一宮

一宮市は、田んぼや畑があるなど、名古屋市に比べると少し田舎にはなりますが、ベッドタウンとしてファミリー層の居住が多く、静かな落ち着いた地域です。近所付き合いが盛んで、道であいさつを交わすなど、名古屋市では見られない暖かさもあります。町はきれいで、基本的には車移動になります。