注文住宅を愛知で建てる!後悔しない業者選びガイド

愛知の注文住宅会社おすすめTOP3

愛知で本当に人気のある注文住宅業者の探し方・選び方

注文住宅業者

愛知で注文住宅業者を探している人のためのお役立ち情報を紹介します。本当に満足できる家づくりは業者選びにかかっているといっても過言ではありません。人気のある注文住宅業者の探し方や、どのような業者に依頼すれば後悔しないのかポイントをまとめてみました。

愛知で人気のある注文住宅業者の探し方

住宅情報誌やフリーペーパー

住宅情報誌やフリーペーパー

テレビCMや広告、住宅展示場などで情報が出に入る大手ハウスメーカーに比べると、住宅展示場のない地元の工務店などはなかなか情報が手に入りにくいのが現状です。しかし、情報が手に入りにくい工務店やビルダーにこそ、家のデザインや性能にとことんこだわる施工業者が隠れている、ということは十分に考えられます。

駅の構内に設置されている「SUUMOマガジン」のようなフリーペーパーや、コンビニや書店に数え切れないほど並んでいる住宅情報誌などを用いれば、大々的な宣伝広告を行っていない小さな工務店などの施工事例や企業情報を手に入れることができるほか、住宅情報誌はほとんどが初歩的な内容となっているため、はじめてのマイホームで何も分からないという方でも一通りの手順を知ることができます。

その半面、工務店からの広告宣伝費で運営されている関係上、「良いこと」しか載っていないのがデメリットだと言えます。あくまで工務店探しの一手段として賢く活用しましょう。

口コミを参考にできるメディアやSNS

口コミを参考にできるメディアやSNS

注文住宅業者探しでは、実際にそこで家を建てた人の口コミはもっとも重要な情報源のひとつです。と言うのも、その他の情報源ではほとんど「良い側面」しか見ることができません。例えば住宅展示場やモデルハウスはほとんどフルオプションで建てられているため、同じように建てようとすれば莫大な費用がかかります。あるいはCMで宣伝しているパック料金などは「本体価格」のみを指していて、実際の建築工事費用はもっと高くなります。車を買うように「大手だから安心!」というわけでもありません。となると、宣伝用に準備された情報ではなく、実際に建っている家を見て判断することがいちばん賢明なのです。

SNSで検索をしてみたり、口コミのまとめサイトを見てみると、その業者に依頼して家を建てた人の体験談や感想、どのくらいのグレードの家をどのくらいの予算で建てられたのかといった具体的な数字、良かったところや悪かったところなど簡単に知ることができます。

ただし、悪い口コミは競合他社の書き込みであったり、下請け業者が不満を打ち明ける場になっている可能性もありますので注意が必要です。全てを鵜呑みはせず、上手に活用していきましょう。

愛知で人気のある注文住宅業者の選び方

担当者の人柄

担当者の人柄

家づくりは、その家族にとって思い出づくりとセレモニーになります。その人生の一大事のイベントを、自分と相性の合わない担当者と過ごすのは苦痛でしかありません。
そのため、話のノリが合うかどうか、建築に関する深い知識を持っているかどうか、提案力があるかどうかなど、その担当者の人柄や仕事に向き合う姿勢などをしっかりと見ておきましょう。
もしもその建築会社を気に入っているにも関わらず担当者とは相性が合わないという場合は、担当者を変更してもらえないか相談しても良いと思います。

提案内容と提案力

提案内容と提案力

提案内容や提案力を見る上で大切なポイントは、施主が考えていることを図や言葉で表現することでイメージの共有ができるかどうか、施主の希望を満たすことができる最適な選択肢を提示することで、施主が思い描いていた家の像を上回る提案ができるかどうかというのが重要になってきます。

また、営業担当者によってはこちらから意見を出すというよりも、次から次へとさまざまなプランを提示してくる場合があります。
これはその営業担当者が自分のことしか考えていない証拠でもありますね。
逆に言うと、こちらの話をよく聞いてくれる担当者は信用できますし、もちろんこちらの予算感を把握した上でできるだけその予算に収まるような提案をしてくれる営業担当者であればなお良いでしょう。
正直、家はお金を積めば良いものが簡単に手に入りますが、本当に良い営業マンというのはお金でなんでも解決しようとしてきません。

地域密着型の会社が安心

地域密着型の会社が安心

業者探しに関しては、建てた後もその地域に根ざして成長していけるような企業を選ぶようにしましょう。
なぜなら、家は建てる前よりも建てた後のほうが共に過ごす時間が圧倒的に長いからです。
地域に根ざして成長していく姿勢は、その業者がどのような取り組みを行っていくかを知ることで把握することができます。
たとえば、その地域の企業と提携して、その企業の商品を内装に取り入れるようなプランを設けている建築業者であれば、地域のことを考えている姿勢が伝わってきますね。

家は基本的には打ち合わせを始めてから1年以内に引き渡されることが多いですが、一度建てた家にはその後も30年、40年、50年と住んでいくことになります。
もしもその間に建築会社が倒産でもしてしまえば、その時点でアフターフォローが受けられなくなりますし、なにかトラブルが発生しても頼る相手が居なくなってしまいます。
よって、業者選びの際にはその業者の規模というところもしっかりと見ておきましょう。

ただし、個人的にはハウスメーカーと呼ばれるような大手の建築会社よりも、工務店と呼ばれるような地域密着で家づくりを行う規模の会社の方がおすすめです。
その理由は 注文住宅は工務店とハウスメーカーどちらが良いの?にもまとめていますが、工務店の方が質の高い家を低価格で建てることができることが多いからです。

さらにいうと、現在ではもともと工務店として地域密着で事業を展開していた企業が業績を伸ばして徐々に規模を拡大していった結果、ハウスメーカーと呼ばれるほどの規模まで大きくなったケースもあります。