注文住宅を愛知で建てる!後悔しない業者選びガイド

愛知の注文住宅会社おすすめTOP3

注文住宅の費用相場と予算毎の特徴を紹介

戸建てを検討する際に注文住宅にするか建売にするか、2つの選択肢があります。予算の関係から建売を選択せざるを得ない人もいるかもしれませんが、実際に注文住宅を建てる際に必要な費用相場を知っていますか?相場を把握することで予算に合わせた中でも、理想の家を手に入れられる可能性もあります。

今回は予算をたてる際に役立つ、注文住宅における費用相場と予算毎の特徴について紹介していきます。

注文住宅に必要な費用の内訳

注文住宅に必要な費用の内訳

家づくりをするにあたり、ハウスメーカーや工務店から見積もりを提示されますが、その内訳には様々な項目が羅列してあります。どのような項目にいくらの予算がたてられているか把握しておくことは、予算管理を行う上でも大変重要です。具体的にどのような費用が必要になるかをご紹介していきますので、予算管理の参考にしてください。

本体工事費用

本体工事費とは、建物そのものにかかる費用です。家づくりに必要な費用の中で最も大きく、総費用の約7割を占めると言われています。

基礎工事費用
構造全体を支えるための工事にかかる費用
仮設工事費用
足場や仮設電気など工事をスムーズにすすめるための準備をするための費用
木材の加工費用
構造材や造作材などを加工するためにかかる費用
外壁の装飾工事費用
サイディングやモルタルなど、外壁を守るための保護や装飾にかかる費用
取り付け工事
屋根の葺き付け工事や雨戸、窓やサッシなどの取り付けを行うための費用
タイル工事
玄関や浴室などのタイルをつけるための費用

その他にも断熱材を屋根や壁、床につける工事やドアの取り付けなどの内装工事、電気や水道工事など、家そのものを作るために必要となる項目が含まれています。

別途工事費用

総費用の約2割を占めている費用が別途工事費用です。この別途工事費用とは、建物以外の工事費を差しており、建て替え時の解体工事関連費用や、敷地に擁壁を作る工事や整地をするためにかかる造成工事費用などが含まれます。その他にも地盤の強化を行う基礎補強工事関連費用や、カーテンレールや照明器具などの設置にかかるインテリア・電設工事関連費用などがあります。

また、外構や庭に関しても本体工事費用とは別の扱いになるため、別途工事費用がかかります。

諸費用

諸経費とは、家本体やその他必要な設備を整えるためにかかる費用とは違い、家づくりの際に必要となる手続きなどにかかる費用のことをさします。家を建てる場合に、法務局に登記を行わなければなりませんが、この登記にも手数料がかかります。他にも消費税や印紙税、不動産取得税、固定資産税など数種類の税金を納める必要もあります。

また仲介業者がいる場合は仲介手数料も必要です。その他にも仮住まいの費用や、引っ越し費用、新居での家具や家電の購入費用など、必要となる費用は多岐に渡ります。

更に、住宅を取得した場合に忘れてはならないものが、保険です。いつ地震などの災害に襲われるかは分かりません。住宅にまつわる工事は高額になるため、火災保険(地震保険)などでいざという時のための備えをしておく必要があるでしょう。

家を建てるために必要となる工事費用以外にも多くの項目で支払いが発生します。諸費用は総支払額の約1割程度と言われ、本体工事費用や別途工事費用よりも少ない割合ではありますが、1割でも高額になるために予算をたてる際に見落とさないように注意しましょう。

地域別建築費用の相場

地域別建築費用の相場

地域によって価格が異なるのは土地代だけではなく、建築費用の相場にも地域差があります。具体的には次のような建築費用となっています。

首都圏

建築費用相場
3,508万円

首都圏では年収の高い世帯が多い傾向にあることも影響してか、坪数に対しての建設費用の割合が最も高い金額となっています。土地代も含めた費用相場では、首都圏でも東京都がダントツで高い相場です。東京都における土地費用込みの相場が約5,592万円とされており、隣接する埼玉県や千葉県などと比べても1,000万円以上も高くなっています。

全国平均が4,039万円ということからも東京都の相場の高さが分かります。東京都の場合は、土地代そのものが高いことも影響していますが、建築費用も東京都が最も高額です。工事費用相場の全国平均が3,356.3万円であるところ、東京都は3,936.4万円となっており、他の地域に比べて500~1,000万円程度も相場が高くなっています。

関東地方では土地代を含めた建築費用において神奈川県、埼玉県、千葉県が4,000万円台と東京に次いで高く、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県が3,500万円前後と横ばいになっています。

土地を除いた建設費相場は茨城県、栃木県、群馬県が3,000万円前後、埼玉県と千葉県が3,400万円、神奈川県が3,699万円となっており、大きな差はないものの土地代を含めた費用相場と同じような並びとなっています。

近畿圏

建築費用相場
3,236万円

近畿圏における土地代を含めた費用相場では、大阪府の4,262万円が最も高い相場となっていますが、兵庫県も4,200万円とほぼ同額です。他の地域は京都府と奈良県で約4,000万円、滋賀県と和歌山県で3,000万円後半が相場です。

土地代を除いた建築費用は3,000万円~3,500万円前後となっており、大阪府、滋賀県、奈良県で全国平均よりも高い相場となっています。

東海圏

建築費用相場
3,354万円

首都圏に続き全国でも高い建築費用相場となっています。土地を含めた建築費用では愛知県で4,477万円と最も相場が高く、岐阜県や三重県、静岡県は3,000万円台半ば~後半です。建築費用のみでは、東海圏内で大きな差はなく3,000万円台前半~3,500万円前後が相場です。

その他の地域

建築費用相場
3,027万円

そのほかの地域は費用相場も三大都市圏には及ばず、3,000万円程度となっています。三大都市圏に比べて敷地面積を広くとることもできるうえに、建築費用も安くなる傾向にあります。

予算毎の注文住宅の特徴

予算毎の注文住宅の特徴

1,000万円台

いわゆるローコスト住宅と言われる価格帯です。全てを叶えることは難しい価格帯ではありますが、1,000万円台でも様々な工夫でコストを抑えることで注文住宅を建てることができます。

コストを抑えるためには複雑な構造を取り入れると工期が伸びて人件費などが多くかかってしまうため、でこぼこのないシンプルなデザインの家となる傾向にあります。長方形や正方形などのシンプルな形にして建築費用を抑える他、間取りや内装に関しても単価の安い建材を使用するようになるため、自然素材などこだわりの建材を使用することは難しい場合が多いです。

しかし、ローコスト住宅においても、ハウスメーカーにより力を入れているポイントが異なるため、断熱性能の高い家やデザイン性の高い家を建てることも可能です。限られた予算の中で、譲れないポイントはどこかを明確にし、予算をかけるポイントを絞ることで1,000万円台でも、理想を叶えることはできるでしょう。

2,000万円台

注文住宅の平均的な建築費用は3,000万円前半くらいですが、注文住宅を検討する際に2,000万円台を用意する人が多く、一般的な価格帯といえます。

1,000万円台に比べると予算に余裕があり、ある程度自由度の高い家づくりが可能です。しかし、自由度は増すといっても、2,000万円台では、希望のすべてを実現させることは難しいといえます。

1,000万円台と同様にコストをかける部分とコストを抑える部分を明確にして、予算配分をすることが重要です。例えば家具購入費を節約する分、内装は自然素材を取り入れた造りにすることや、もしくは住宅設備をハイグレードにするなどの工夫が必要になります。

1,000万円台よりも予算が高い分、選択肢も広がるために希望を取り入れやすい価格帯ですが、予算配分にメリハリをつけるようにしましょう。予算の配分を上手く工夫することで、2,000万円台でも、家族の希望を叶える満足のいく家づくりを目指すことができます。

3,000万円台

注文住宅を建てる場合の平均的な価格が3,000万円前半といわれています。その程度の予算を用意できれば平均的な広さと設備を備えた注文住宅を建てることが可能です。

3,000万円後半など平均以上の予算を用意できる場合は、デザインや間取りに自由度の高い家づくりが行えます。家族の希望もある程度は叶えることができる価格帯と言えるでしょう。

4,000万円台

建設費用に4,000万円台の予算があれば、細かい部分までこだわりをみせた家づくりが行えます。自分や家族の望みを叶えることも可能な予算といえて、デザイン性の高い設計や内装、こだわりのある外装や外構など細部まで希望を叶えることができるでしょう。

しかし、ローンを組む場合は借入額が多くなってしまうことがないように注意して、返済計画をしっかりと立てたるようにしましょう。

愛知県の注文住宅の費用相場を紹介

愛知県の注文住宅の費用相場を紹介

愛知県で注文住宅を建てる場合の費用相場は、木造での坪単価が62.7万円、鉄筋での坪単価が92.4万円、一戸建ての広さは38.5坪となっています。

具体的に木造の一戸建てを建築する場合には、38.5坪×62.7万円=2,413万9,500円が建築工事費用となります。この金額に土地代や諸経費を加えた額が購入資金です。

鉄筋の一戸建ての場合は、38.5坪×92.4万円=3,557万4,000円となり、木造と同様に土地代と諸経費などを加えて予算を検討する必要があります。不動産取得税や登記費用は鉄筋の方が高く設定されているため、予算を組む際には注意が必要です。

注文住宅を建てる際に重要なことが土地探しになりますが、愛知県での土地の価格はどのようになっているのでしょうか?愛知県は名古屋、知多、尾張、西三河、東三河の5つのエリアに分けることができます。

名古屋市周辺は地価も高く、上昇傾向にあります。名古屋市中村区は最も高く坪単価平均が約807万円、中区が約465万円となっており、群を抜いて高い相場となっていることが特徴的です。名古屋市内はほとんどの地域の地価が上昇傾向にあり、名古屋市全体での坪単価平均も135万円と高めの相場となっています。

また西三河や尾張にある刈谷市や長久手市など、近年住宅地として人気が高く地価が上昇している地域も多くなっています。それらの人気のあるエリアは坪単価平均が30万円台後半~40万円台半ばと県内でも高めの水準となっています。それに対して知多半島などの沿岸部は、坪単価平均が下落している地域が多く坪単価が数万円となっている地域もあります。

選ぶ土地により、予算が大きく変わってくることが分かりましたが、愛知県で土地から購入し、注文住宅を建築する場合の目安はいくらになるのでしょうか?愛知県での1坪あたりの土地代の相場は32万3,070円が相場となっています。また、愛知県で家を建てる時の土地の広さは65.5坪で、そのうちの38.5坪に家が建っています。

こられの数字を元に相場をシミュレーションしてみると、木造の場合で土地から購入すると木造の建築費用相場の2,413万円9,500円に、土地の金額として65.5坪×32万3,070円= 2,116万1,085円を加えた4,530万585円となります。鉄筋の場合は建築費用相場の3,557万円4,000円に、土地の金額2,116万1,085円を加えた5,673万5,085円が相場となります。

これらの数字は別途工事費用や諸費用を含んでいないため、別途工事費用の相場と諸費用の相場を足すと木造では5,600万円程度、鉄筋では6,800万円程度が愛知県で注文住宅を建てる際の費用相場です。

名古屋市近郊では土地の価格が上昇しているため、愛知県全体でみた費用相場よりも大きな予算が必要となります。その他にも愛知県には人気のあるエリアも多く存在しており、人気の高さや利便性の良さとともに地価の相場も上がっていくため、予算に合わせた土地選びが重要となります。

家だけでなく土地も含めた予算配分をしっかりとシミュレーションするようにしましょう。また安いエリアの場合、地盤が脆弱なこともあり、その場合には別途でさらに土壌改良のための費用が必要になってくることがあるために注意してください。