注文住宅を愛知で建てる!後悔しない業者選びガイド

愛知の注文住宅会社おすすめTOP3

注文住宅は工務店とハウスメーカーどちらが良いの?

工務店とハウスメーカー

よく聞かれる疑問ですが、工務店とハウスメーカーはどちらのほうがいいのかということを考える方が居ます。
工務店には工務店の、ハウスメーカーにはハウスメーカーのメリット・デメリットがあるので一概にどちらの方が良いのかということはなかなかいえませんが、まずはそれぞれの特徴をまとめてみましょう。

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーに関しては特にはっきりとした定義のようなものはありませんが、ある程度の売上・人員の規模があり、特定の狭い地域に絞らず広範囲(場合によっては全国)にわたって事業を展開している建築会社のことを指すことが多いです。
有名な会社でいうと、たとえば積水ハウスやダイワハウス、パナホームやタマホームなどが挙げられます。

ハウスメーカーのメリットとしては経営基盤が安定しているため、家を建てた後に倒産するリスクが低いことが挙げられます。
基本的に建築会社は家を建てた後にアフターフォローやアフターメンテナンスなどの保証をしてくれますが、これは建築会社が倒産しないことが前提にありますので、会社の規模が大きいということはそれだけで安心感に繋がります。
また、大手のハウスメーカーであれば大量仕入れが可能となるため、建材の調達コストも抑えられる分、それが価格の安さに反映しやすいというメリットもあります。

ただし、大手であればあるほどテレビCMなど広告宣伝費にかける予算が大きく、せっかく建材の調達コストを抑えられたとしてもトータルの価格は高くなることがあります。
また、実際に建築に携わるのはそのハウスメーカーではなく下請けの会社であることもあり、ちょっとした施工ミスにとどまらず欠陥住宅と言えるレベルの施工不良も起こりやすいようです。

工務店の特徴

工務店の特徴

工務店とは、ハウスメーカーに比べると小規模であり、地域密着で一戸建て住宅を建築している業者のことを指します。

規模が大きければ倒産しないかというとそういうわけではありませんが、規模が小さい会社ということは経営基盤が不安定である可能性もありますので、たとえば家を建ててから倒産してしまうことがあります。
つまり、もしも倒産してしまえばもともと受けられるはずだったアフターフォローやメンテナンスのサービスも受けられなくなるということです。

ただし、工務店はハウスメーカーと違ってブランドなどよりも技術力や提案力で人気と信頼を集めていることが多く、質の高い家を建築してくれる可能性が高いというメリットが挙げられます。
地域密着で事業を展開しているということはその地域の住民から嫌われてしまえば仕事を失うということですので、工務店はできるだけ良いものを安く提供することで地域の住民と二人三脚のように事業に取り組む姿勢を感じることができます。

また、全国展開しているハウスメーカーのようにテレビCMなど広告費にかける予算が少ない分、それを価格面に還元できるというメリットもあります。

ハウスメーカーと工務店を徹底比較!

ハウスメーカーと工務店を徹底比較!

価格が抑えられるのはどっち?

ハウスメーカーも工務店もピンからキリまで価格があるので、簡単には比べられないものではありますが、平均的に見ると工務店の方が安いと言えます。

ハウスメーカーは住宅のコストダウンを図るために、家を規格化して手間を省いたり、大量注文して材料費を安くしたりいるので、工事にかかかる費用だけを見るとそこまでかかっていません。しかし、下請けの会社など中間マージンが発生する業務形態であったり、テレビCMなどの広告費用などに思った以上に回ってしまうため、どうしても総額はかさんでしまいます。また、規格住宅は標準仕様であればパッケージ料金内におさまるところ、オプションを加えることで突然値段が跳ね上がるというような料金体系になってしまいがちです。

一方の工務店は、大量発注によるコスト削減などはできませんが、営業・設計・施工管理をワンストップで依頼できるため人件費がかからず、また多くの工務店が宣伝広告費にお金をかけるのではなく、地元の口コミによって支えられています。このため、ハウスメーカーよりも原価に近い価格で建築が可能となるのです。

品質が高いのはどっち?

大手ハウスメーカーの支給する部材には、自社オリジナル製品を出しているところもあるほど、高い技術が用いられています。社名を背負った商品ですから、ブランドを背負うにふさわしい品質であることは間違いありません。

ですが、精度に関しては、ハウスメーカーは工場生産で、現場では組み立てるだけという場合がほとんどなので、組み立てもそのハウスメーカーが行っているとは限らず、下請けの工務店が入っている可能性もあります。このため、精度に関しては下請け先によりかなりバラツキがあると言えます。

工務店の場合、部材の品質や施工の精度は現場の大工さんや設計士の腕にかかっているところであり、これによって経営が成り立っているところでもあるので、こだわらないところはまずありません。特に、凝った造りやデザインの家にしたい場合は、工務店の得意分野をうまく生かすことができるでしょう。

ただし、中には品質を下げることでローコストを実現している会社もあり、そういった会社の場合は品質がかなり悪いことがあるため注意が必要です。

要望をより叶えられるのはどっち?

ハウスメーカーには「規格制約」が設けられているケースが多く、規格住宅は、標準仕様と呼ばれるパッケージの中から床や扉の素材や色など限られた部分を変更していく、という手順で家づくりを進めます。オプションを追加することで自由にできる箇所は増えますが、それでも吹き抜けの総面積やコンセントの位置など何かと制限が多いのは否めません。

反対に、工務店にはハウスメーカーのような規格制約がないため、自由度は非常に高いと言えます。中には建築家顔負けのデザイン力を持った工務店もたくさん存在するので、「こんな家を建てたい!」という強い要望がある人は、これに応えられるような工務店をぜひ探してみてくださいね。

アフターサポートが充実しているのはどっち?

工務店のアフターサービスと言えば、地域密着型でフットワークの軽さが特徴の、何かあったときにはすぐ駆けつけてくれるような、「信頼」のサポートが魅力です。いい工務店にめぐり合えれば、施工業者として、住宅に関する疑問や悩みのよき相談相手として、一生続く信頼関係を気付くことができるでしょう。ただし、あまりにも歴史の浅い工務店ですと、長期の保証などにやや不安が残ります。

一方ハウスメーカーの場合は、全国でアフターサポートの基準が明確に決められており、全国で決まっているルールに則って対応してくれることや、上場企業も多いことなどから、安心して長期の保証を期待することができます。しかし、担当者が変わってしまうようなことも少なくはなく、一生涯の信頼の関係というほどの仲にはなかなかなれないと言えます。